終わりの世界から

笑い合えるってすごく幸せなこと
それをきみから教えてもらったんだよ

小さな時からなんでも知っていて
きみの趣味 その理想に合わせようとした
そんなきみがこっそり教えてくれた
好きな人 年上の綺麗な女性

追いつけない だから能力(ちから)使う 過去へとリープ
そこでまたきみと出会い また恋をするんだ

ぼろぼろに泣いてきみは探していた
突然いなくなったあたしの面影を
早く帰ろ でも能力(ちから)は一方通行 未来には飛べなかった

遠くからきたってことを伝えたい
でもそれは駄目だってどこかで気づいてた

年上のあたしを見て訊くの
「あなたに似た人を探してます
何か知りませんか」と

ぼろぼろになってあの日を探していた
ばらばらになったふたりをつなごうとした
やめて あたし ここに居るよ だからどこにも行かないで

また春が来てきみはここを発つと決めた
「もしあなたがあの人だったらよかったのに」と残し

恋をする 贅沢な感情
それを思い出した
だから全力でその手を取る

ぼろぼろになってきみにほんとを伝えた
ばらばらになった時空に吸い込まれていく
そして目覚めたらそこは一面灰色の世界

手に持ってたのは古びた一枚の写真
こんな色をしてた時代もあったんだ
そこで無邪気に笑ってる
きみに会いにここから旅(リープ)を始めた

また笑えるかな あたしこの世界で
きみの写真は置いたままで歩き出す

間違ってたらごめんね 足痛い