すき。

by 密

密

初代さん